プリザーブドフラワーの利用法と保存法

プリザーブドフラワーとは、簡単に説明すると生花や葉を特殊な液体の中に浸し、水分を抜いた花や葉のことを指します。

つまり、造花や高品質の布花であるアーティフィシャルフラワーとは違い、花本来が持つ瑞々しさ、生気を感じることが出来るのです。

勿論、水を与えてあげる必要がありませんから、その分手軽に花を観賞することができますし、その寿命も数年は持つとされています。

クリアケースなどに入れ、紫外線などから守ってあげることで更に寿命を延ばすことも可能ですが、よりプリザーブドフラワーの良さを実感したいのであれば、ケースに入れずに飾る方が良いでしょう。

livedoorニュース選びをお手伝いします。

また、生花より寿命が長く保存がきくという観点から、結婚式でのブーケに利用されることも多々あります。

一生に一度の記念である結婚式のブーケは、贈る側も受け取る側も、出来る限り長持ちさせたいと考えるのも頷けます。

プリザーブドフラワーは支持されています。

また、同様の理由と花粉が出ないという理由から、入院されている方へのお見舞いとしても最適です。
長期入院されている場合、生花だと枯れてしまうとあまりいい気分はしませんが、プリザーブドフラワーだと入院中に枯れることはありませんし、花粉症の人がいたとしても気を遣うこともありません。

このように便利な部分が多いですが、湿気には弱いので、浴室やキッチンなどの湿気の高い所で飾るのには適していません。



長期間その美しさを愛でる為にも、風通しが良く涼しい所に保管するよう心掛けましょう。